当会について
  1. HOME
  2. > 当会について
当会について

     趣旨

    議会ウオッチャー・仙台は、仙台市民オンブズマン・タイアップグループ、
    美しい仙台を創る会、宮城地域自治研究所の3団体が共同でつくりあげたものです。

    3団体それぞれに長く仙台市政に関心を持ってきましたが、地下鉄東西線をめぐる
    訴訟の過程で、需要予測等の重大な問題について、議会が議論らしい議論を
    していないことに気づき、日常的に市民が議会をチェックしてこなかったことを
    深く反省させられました。

    選挙後の議会を、議員任せにしないで、市民で監視し、市民目線に立った議会に
    するために、力を合わせて活動することを確認し、当会の設立にいたったのです。


     会の申し合わせ事項

    (1)本会は、議会ウオッチャー・仙台と称する。

    (2)本会は、議会傍聴活動等を通して、議会・議員を住民の立場から監視、評価し、
       住民に開かれた、住民の意向の反映される議会をつくりあげることを目的とする。

    (3)本会の活動は、美しい仙台を創る会、仙台市民オンブズマン・タイアップグループ、
       宮城地域自治研究所の3者(以下3者という)が協議し、共同で行い、活動の
       とりまとめは宮城地域自治研究所が担う。

    (4)本会に世話人、代表世話人を置き、世話人会が日常の会の運営にあたる。

    (5)本会の事務局を宮城地域自治研究所に置く。

    (6)本会の活動に要する経費は、3者が協議し負担する。



     メンバ(世話人)

    3団体の会員等で何らかの活動に参加しているメンバーは、現在約20名。

    世話人は 現在11名で、毎月1回の世話人会で会の運営を行っています。

    代表世話人は、上原 仁(仙台市民オンブズマン・タイアップグループ)、
    泉田元子(美しい仙台を創る会)が務めています。